あなたはどう思う、IT業界の男性

「ITベンチャー企業の社長」「IT企業のエンジニア」の男性などと言われると、さぞかしセレブな方々。“六本木ヒルズ周辺に居を構え日夜パーティに明け暮れて・・・”などと雑誌に書かれているのを見ると、なんと羨ましい生活かと思ってしまいます。

また「お見合いパーティ」「婚活パーディ」などが高級ホテルのラウンジで催される話しが出ると“どうなの、どうなの???”と女性は興味深々。年収の高さでついつい人を判断して、つられて行ってしまいそうでしょう。

しかし現実を知っている男性に言わせれば、“皆がみんなそうだと思われるとねえ~”と頭をかしげています。とにかくIT関連の仕事をしている男性は忙しい、時間に追われ不規則な生活が多い、給料も安いとこぼしています。

やはり社会のどの場所にいてもピンからキリの人がいるということでしょうか。

例えば、年齢26歳でIT上場企業勤務で年収700万円。貯蓄額900万円で月平均残業時間が50から100時間だそうです。この残業時間だと一日平均3時間ちょっと。始業が朝9時だとして終業時間午後6時までだとすると、午後9時くらいまでは毎日残業しているということになります。また年収700万円、月にすると40から50万円ほどに年2回のボーナス。それでも1人暮らしでちょっと良いマンション住まいとなると、遊ばないで貯蓄にまわしたり自分で運用していなければ、貯金は難しいですね。

また、年齢29歳プログラマー&システムエンジニアの男性。勤続年数3年とちょっと。平均年収は約400万円。月収にすると約25万円くらいにボーナス夏と冬で合計92万円。世の中の平均年収より約10万円少ないそうです。残業時間は月50時間、それでも世の平均年収より少ないのは、本人いわく“納得できない!”と言うことです。(それでも頑張っているのですから、居心地がよいのかもね!)

さらに我々と同じ経済感覚のある普通の方で、年齢28歳のシステムエンジニアの男性。勤続年数8年。年収320万円、貯蓄額50万円。月収にして月約23万円ほどで夏冬のボーナス合計で40万円だそうです。現在は工場のラインの設備の仕事をしており、昨年まではボーナスゼロだったとか。しかも昇給は8年間で1回のみ。結婚したてで貯金ができないため、子供は当分先だとか。

あなたはどう思いますか?セレブなIT企業の社長がいいですか?それとも月収は世間並で普通の経済感覚の男性がいいですか?私ならば、普通の経済感覚の普通のお給料額の男性がよいですけど。ひとそれぞれですから。
システムエンジニアの仕事してる人ってどんな人?と気になる方はこちらを見てみてください:

http://フリーエンジニア視点からのseという職業考察.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です